会社員の節約投資生活

インデックスファンド中心に投資信託を積み立てて1億円目指してます

個人型確定拠出年金の適用範囲拡大

   

改正確定拠出年金法が成立

平成28年5月24日に、改正確定拠出年金法が成立しました。

これにより、確定拠出年金の加入対象が大幅に拡大します。

平成28年までの個人型確定拠出年金の加入対象

  • 自営業者等で国民年金に加入している国民年金の第1号被保険者
  • 企業年金のない企業の従業員等の国民年金の第2号被保険者

平成29年以降の個人型確定拠出年金の加入対象

  • 企業年金のある企業の従業員等の国民年金の第2号被保険者
  • 公務員の国民年金の第2号被保険者
  • 専業主婦等の国民年金の第3号被保険者

つまり、下表のように変化することになったわけです。

対象拡大

※DC:確定拠出年金、DB:確定給付年金

 

一言で言えば、20才以上ならほぼ誰でも確定拠出年金に加入できるようになったということです。

これは国民年金や厚生年金だけでは老後の蓄えが十分とは言えなくなるため、

自分たちの年金は自分たちの運用で確保しろという国からのメッセージな気がします。

 

平成29年1月以降の年間拠出限度額

大幅に加入対象が拡大しましたが、対象者によって年間に拠出できる上限金額は大きく違ってしまいます。

あくまで年金なので、過剰な金額を運用させて生活が成り立たなくなる人が発生するのを防ごうとしているのでしょうが、

もうちょっと上限額は増やしてもらいたいです。

拠出上限

私の場合は、確定給付型の企業年金があるので、個人型確定拠出年金には年間14.4万円しか積み立てられません。

月平均では12,000円となってしまいます。もうちょっと枠をくれーーー。

 

確定拠出年金のメリット・デメリット

メリット

  • 拠出金(掛金)が所得控除対象となり、所得税および住民税が非課税
  • 運用益が非課税
  • 運用次第で年金額を大きく増やせる可能性がある

デメリット

  • 受取時点で総額(拠出額+運用益)に課税される。ただし、年金受取なら公的年金等控除、一時金受取なら退職所得控除を受けられる。
  • 運用次第で拠出額を下回る可能性がある
  • 年金受給時まで、資金が拘束される

税制面でのメリットはありますので、後は上手く運用できるかどうかです。

足元ではイギリスのEU離脱により、株式が全面安というか大恐慌状態になっており、

年金受給時にもそんなタイミングがきていたらたまったものではないので、

運用方法としては先進国債券あたりが無難かなーと思います。

30前半で年収800万円くらいの会社員です。妻と二人暮らしですが、会社の先行きに怯えながら、すこしでも金融資産を増やそうと四苦八苦しています。夢は南の島でのんびり過ごすことです。

お勧めの記事

 - 年金制度