会社員の節約投資生活

インデックスファンド中心に投資信託を積み立てて1億円目指してます

ふるさと納税は節税にはならないけど、お得感はある

   

今更感がすごいですが、ふるさと納税はお得です。自分の年収額に応じて上限額があるものの、一定額までをふるさと納税として寄付すれば、2,000円を除いた寄付額が次年度の住民税から控除されます。

仮に年収800万程度の私が、ふるさと納税として10万円を寄付すれば、次年度の住民税が9,8000円控除(減らしてもらえる)という制度です。

これだけでは、税金の前払いをしているだけだし、2,000円損してるだけに見えますよね。でも違うんです。2,000円を補ってあまりある「お礼の品」がもらえるんです!

具体的には、各自治体の特産品を送ってくれることがほとんどです。これにより、地元の特産品事業者は商品を自治体が買ってくれ、各自治体は他地域からの金で地元事業者が活性化され、私は税金前払いしただけで特産品がもらえるという構図ができあがります。

損をしているのは、本来は住民税を納付されるはずだった私の居住する自治体だけです。申し訳ない!!

 

ふるさと納税の手順

①欲しいお礼の品を探す

ふるさとチョイスとかのポータルサイトがありますので、そこで欲しいお礼の品を探します。人気の品は競争率が激しいので、すぐになくなってしまうこともあるので要注意です。

牛肉・米・果物・魚介などの食べ物はより取り見取りの選び放題です。ただし、大量に届くと生ものは日持ちがしないので、できれば干物とかにしたほうが、無理せず美味しく食べられます。

私は昨年は、干物詰め合わせ、牛肉(米沢牛)、牡蠣、サザエ、スモークチキンなんかをもらいました。

大体ですが、1万円の寄付に対して2,000~4,000円相当の品がもらえることが多いです。ですので、住民税の控除で取り戻せない2,000円は、お礼の品で取り戻すイメージです。

②実際に寄付する

気に行ったお礼の品が見つかったら、次は寄付の手続きに入ります。

といっても、ふるさと納税のポータルサイトで申し込めば、流れに沿って支払うだけです。Yahoo!公金支払いでクレジットカードで払ってしまえば、ほとんど手間はかかりません。

注意しないといけないのは、ふるさと納税で翌年度の住民税控除を受けるには、確定申告を行うことが原則です。ですので、確定申告をしないと、本当にただの寄付をしただけで、翌年度もガッツリ100%の住民税を支払うことになります。

ところが、2015年からルールが改善されました。それが「ワンストップ特例」です。これは年間の寄付先が5自治体までであれば、寄付時にワンストップ特例の適用を申し込むだけで確定申告不要となり、住民税を控除してくれるという、非常にありがたい制度です。6自治体以上は、引き続き確定申告が必要なので、あまり多くの自治体に手をださないほうが手間がなくおすすめです。

③寄付後の事務処理

寄付をした後は、自治体から寄付の証明書とかの書類が送られてきますが、お礼の品じゃないのかと読まずに捨ててはいけません!この書類に押印して返送して、初めて住民税控除の手続きが完了します。くれぐれも返送忘れのないよう気を付けてください。

そのあとくらいに、ようやくお礼の品が届きますので、美味しくいただきましょう!せっかくある制度ですので、有効利用して生活を少しでも豊かにしたいですね。

30前半で年収800万円くらいの会社員です。妻と二人暮らしですが、会社の先行きに怯えながら、すこしでも金融資産を増やそうと四苦八苦しています。夢は南の島でのんびり過ごすことです。

お勧めの記事

 - 収入関連