会社員の節約投資生活

インデックスファンド中心に投資信託を積み立てて1億円目指してます

【ライフカード】それは誕生月なら敵なしのクレジットカード

      2016/04/29

ライフカードのポイント制度

もちろん年会費無料のライフカードですが、旅行保険はついていませんし、ポイント制度しか魅力はありません。

ライフカードのポイントは、LIFEサンクスポイントといいます。でも、名前なんかなんだっていいんです。

早速、ライフカードのポイント制度の基本について整理します。

 

基本ポイント

前年の年間利用金額に応じてステージが3段階に設定され、ポイントの付与率が変わってきます。

なお、ライフカードに入会した初年度はスペシャルステージ扱い(1000円で1.5ポイント付与)です。

  • レギュラーステージ(年間利用金額50万円未満)      :基本ポイントは1000円で1.0ポイント付与
  • スペシャルステージ(年間利用金額50万円以上150万円未満):基本ポイントは1000円で1.5ポイント付与
  • プレミアムステージ(年間利用金額150万円以上)      :基本ポイントは1000円で2.0ポイント付与

ご注意いただきたいのは、LIFEサンクスポイント1ポイントの価値は1円ではありません。

交換するものによりますが、おおまかに5.0~6.7円/ポイントになります。

そうなると、プレミアムステージであれば基本ポイントの還元率は1.0%~1.34%となります。

 

スペシャルボーナス

1年間(プログラム期間)の利用金額が50万円以上になると、300ポイントがもらえます。

1,500円~2,010円くらいの価値があります。

まあ、無いよりましといったものですので、あまり気にしないでいいです。

 

誕生月ポイント

これがライフカード最大の特色であり魅力です。

なんとか自分の誕生月であれば、ポイントが5倍になります。

といっても、1000円の付与ポイントが5.0ポイントになるという意味であり、

プレミアムステージの人が誕生月だと1000円で10.0ポイントもらえるということではありません。

それでも十分なインパクトです。

5.0~6.7円/ポイント×5.0ポイントですので、1000円あたり25円~33.5円の計算です。

還元率では2.5%~3.35%となり、これに対抗できるクレジットカードはそうそうないです。

誕生月に買おうと思ってたものや買いだめするものを一気に買ってしまうという使い方が理想です。

 

誕生月の最大活用方法

1年12ヶ月のうち、たった1ヶ月しか対象でないなら騒ぐほどではないという人もいるでしょう。

しかし、プリペイドカードを組み合わせることで、完ぺきでは無いまでも誕生月効果を受け続けることが可能になります。

それは誕生月にプリペイドカードへチャージしまくるという方法です。

月5万円くらいクレジットカードを使うのであれば、誕生月にプリペイドカードへ60万円チャージすると、

誕生月ポイントの5倍ポイントが60万円に対して付与されますので、

誕生月以外はチャージしたプリペイドカードで支払いをしていればよいのです。

そうすることで、600千円×5.0ポイント=3000ポイント(7,500円~10,050円相当)を受け取れます。

これで1年を通して還元率2.5%以上ということになります。

 

もちろん欠点もあります。

電気・ガス料金なんかの毎月継続支払いのものはプリペイドカードでの支払いができませんし、

その他にもプリペイドカードが使えないケースもでてきます。

 

ちなみに、さっきから言っているプリペイドカードですが、

私が知っているだけで3種類あり、それぞれ長所・短所があります。

①Vプリカ(VISA)

・メリット:ライフカードなら購入手数料無料

・デメリット:チャージ上限が10万円、3ヶ月利用が無いと休眠カード維持費125円が毎月発生、ネット専用で実店舗で使えない。

 

②WebMoney Card(MASTER)

・メリット:発行手数料・年会費無料(当面は発送料も無料)、0.5%還元(入会後3カ月は1.0%還元)

・デメリット:チャージ上限が10万円

 

③ANA VISAプリペイドカード(VISA)

・メリット:チャージ上限額が30万円、1000円につき5マイル付与

・デメリット:発行手数料(200円⇒当面無料)・発送手数料(440円⇒当面無料)・チャージ手数料(200円)が必要

 

ANA VISAプリペイドカードは2016年1月に誕生したばかりなのですが、

上限額が30万円と他のプリペイドカードより高額なのが魅力ですし、マイルが好きな人にはおすすめです。

どうやら複数枚の発行も可能なようです。

そのうちライフカードが、誕生月のチャージでも5ポイント対象外にルール変更しそうな気がしますが、

今年の誕生月は、手元の現金が許す限りチャージしまくります。

 

ライフカードの入会申し込みについては、

ポイントサイトを経由して申し込むと4,000円相当のポイントがつくところが多いので、

是非、どこからのポイントサイトを経由して申し込んでください。

30前半で年収800万円くらいの会社員です。妻と二人暮らしですが、会社の先行きに怯えながら、すこしでも金融資産を増やそうと四苦八苦しています。夢は南の島でのんびり過ごすことです。

お勧めの記事

 - クレジットカード