会社員の節約投資生活

インデックスファンド中心に投資信託を積み立てて1億円目指してます

会社員の年金制度

   

日本の年金制度とは

日本の年金は2種類に大別されます。

公的年金と私的年金です。

公的年金とは、下記2種類となっており、国が運営します。

  • 国民年金:20才以上60才未満の全国民が加入(義務)
  • 厚生年金:主に厚生年金制度のある企業に勤める会社員や公務員が加入

私的年金とは、国以外の機関が運営する年金です。上記公的年金2種類以外は全て私的年金となります。

加入は義務ではなく任意となっています。とはいっても、勤め先次第で自動で加入するケースが多そうです。

分類・種類の呼ばれ方が混在しており、なかなか整理が難しいですが、

ざっとこんな感じです。

  • 個人年金保険:保険会社なんかが用意する各種年金保険で、基本的に誰でも加入可能
  • 国民年金基金:国民年金の第1号被保険者(自営業者等)が対象
  • 厚生年金基金:厚生年金とは別物。主に厚生年金基金に加入している企業に勤める会社員が対象
  • 確定給付企業年金:企業年金として用意されている企業に勤める会社員が対象。
  • 確定拠出年金(企業型):企業年金として用意されている企業に勤める会社員が対象。
  • 確定拠出年金(個人型):国民年金の第1号被保険者(自営業者等)か、企業年金の無い第2号被保険者(会社員等)が対象。

このうち、「厚生年金基金」と「確定給付企業年金」と「確定拠出年金(企業型)」が

いわゆる企業年金と呼ばれる会社員の享受している年金となります。

会社員の年金システム

自分が加入している年金が何か、はっきりと把握している会社員は少ないでしょう。

一般的には、①国民年金+②厚生年金+(③企業年金)+(③個人年金)という状態が考えられます。

よく年金の「2階部分」とか「3階建て」とか言われますが、

上記のように複数の年金が重なって、2層3層になっている状態を指しており、

厚生年金=2階、企業年金・個人年金=3階という意味合いです。

階数が多ければ、それだけもらえる年金が多くなるという期待が増します。

 

すごいおおざっぱですが、現時点での受給額は大体こんなもんらしいです。

1階(国民年金)     :5万円/月

2階(厚生年金)     :15万円/月

3階(企業年金・個人年金):人によってバラバラ

 

2階部分までだと、約20万円/月もらえるようです。

結構もらえるもんだなという印象です。

もちろん加入年数や拠出金額等によって金額は変動しますし、

日本の年金制度が今後も維持されるかどうかは不透明です。

受給開始が今の65才から70才あたりに引き上げられる可能性だって十分にあると思います。

あまりに過度な期待を公的年金制度に抱かず、

3階部分にあたる私的年金で老後の生活資金を用意することが重要だと思います。

私は、勤め先に「確定給付企業年金」があるため、幸いにして3階部分がありますし、

年金とは別に、投資による資産形成を進めていくつもりです。

 

30前半で年収800万円くらいの会社員です。妻と二人暮らしですが、会社の先行きに怯えながら、すこしでも金融資産を増やそうと四苦八苦しています。夢は南の島でのんびり過ごすことです。

お勧めの記事

 - 年金制度