会社員の節約投資生活

インデックスファンド中心に投資信託を積み立てて1億円目指してます

インデックス投資信託の運用実績(2016年3月末)

   

2016年3月末時点の運用実績(+904万円)

総資産は約2,857万円(投資元本:約1,883万円、損益:約904万円の利益、投資用現金70万円)でした。

投資内訳としては

投資信託は投資元本:約1,582万円、損益:約785万円の利益

個別株は投資元本:約301万円、損益:約119万円の利益

 

私の1億円達成計画(年利7%計画)においては、

投資9年目である2015年度末(2016年3月)の目標試算額は約2,500万円でしたので、

めでたくクリアできました。

進捗状況201603

投資信託(+785万円)

画像は、メイン口座のSBI証券のものです。

他証券会社にもわずかに保有していますので、若干合計金額はあいません。

201603実績

1~2月にかけて、各セグメントとも大きく落ち込んでいましたが、

3月は少し回復傾向がみられました。

新興国株式・債券は相も変わらず低空飛行してくれていますが、

先進国株式が下支えとなっております。

やはり先進国の安定性は心強いです。

新興国については、今はバーゲンプライスの買い場時期だとでも思いこんで、

ただただ積立購入しています。

谷深ければ山高しとなってくれることを願います。

何よりもNISA口座で保有しているファンドが

軒並み損失をだしているので、5年の期限到来前にはプラスに転じてくれないと、

なんのためのNISA口座なのか分からなくなってしまいます。

 

個別株(+119万円)

できすぎの結果です。

金額の大半は勤め先の会社の持株会なんですが、

なぜか株価が上がっています。

全株売却は会社に睨まれそうで、手をつけるにつけれなくなってしまっています。

そのほか、遊び半分で手をだしている小型株がありますが、

好業績銘柄中心に保有しているおかげで、小幅ながら利益がでています。

特に技研設備工業(6289)は、SBI証券で貸株金利が4.0%(基準日4/5)となっており、

配当金より大きな金利を得ております。

業績も株価も悪くないのに、なぜこんなプレミアム金利設定してくれているのか不明ですが、

もらえるものは有り難くいただいております。

 

・・・と思っていたら、4月1日に日経平均が△600円近い大暴落。

私の所有している銘柄も全面安となりました。

年度頭から幸先がよくないですが、

こういう時に、海外への出資比率が高いメリットを感じます。

逆パターンで海外が不調で、国内好調ということもありますが、

リスクヘッジできているということは、精神衛生上、重要だと感じます。

 

 

30前半で年収800万円くらいの会社員です。妻と二人暮らしですが、会社の先行きに怯えながら、すこしでも金融資産を増やそうと四苦八苦しています。夢は南の島でのんびり過ごすことです。

お勧めの記事

 - 運用実績