会社員の節約投資生活

インデックスファンド中心に投資信託を積み立てて1億円目指してます

【ライフカード】LIFEサンクスポイントの使い道

   

ライフカードでのポイントの貯め方

既に書きましたが、誕生月にひたすら買いまくるか、プリペイドカードにチャージしまくるだけです。

ですので、誕生月の支払いまでに現金を用意する必要があることは言うまでもありません。

なんとかプレミアムステージ(年間利用金額150万円以上)に到達できれば、

プリペイドカードでの支払いができない月々の光熱費(電気・ガスなど)の支払いも還元率1.0%~1.34%となり、

ライフカードでの支払いにまとめてしまっていいと思います。

あんまりクレジットカードの所有枚数が増やすと管理が大変ですし、

極力、メインカード+サブカードで3~5枚程度に抑えたほうがすっきりします。

私は、メインにライフカードを使っており、その他にANAカード(マイル用)とSBIカード(SBIポイントの換金用)の3枚を所有しています。

 

ライフカードのポイントの使い道

Vプリカへの交換

ポイント交換の最大のおすすめは、Vプリカ10万円分です。

VプリカとはVISAのクレジットカードと同じように使えるプリペイドカードです。

実質はネット限定のクレジットカードと思ってしまってもよいです。

このVプリカ10万円分は、LIFEサンクスポイント14,800ポイントと交換できるので、1ポイントの金銭価値は約6.76円となります。

ただ、14,800ポイントともなると最速で貯めようとしても、なかなか険しい道のりです。

スペシャルボーナス(年間利用金額50万円以上)300ポイントを2回ほどもらったとして、残りはまだ14,200ポイントです。

 14,800ポイント-600ポイント(スペシャルボーナス300ポイント×2)=14,200ポイント

14,200ポイント全ての支払いを誕生月にしたとしても、1000円あたり5.0ポイントですので、284万円の支払額が必要になります。

 14,200ポイント÷5.0ポイント×1000円=284万円

大体ですが、プレミアムステージを狙う年間150万円を利用する人であれば、誕生月に支払いを集中させれば狙えないことはないです。

 

しかし、年間数十万しかクレジットカードを使わないという人も多いと思います。

そういう人はVプリカ3000円分(590ポイント)やVプリカ5000円分(980ポイント)を狙っていきましょう。

これくらいのポイント数なら、あまり意識しなくてもすぐに貯まります。

または、旅行好きで飛行機に乗ることがちょいちょいあるという人であれば、次の方法でマイルを狙いましょう。

 

ANAマイルへの交換

飛行機を使わない人には魅力の無いポイントシステムですが、

ANAやJALといった大手航空会社は独自サービスとして「マイル」というポイントを貯めて

特典航空券と交換できたり、その他のサービスに利用できるポイントを用意しています。

会社員として働いていると長期休暇も取りづらく、あまり飛行機に乗る機会は多くないため、

このマイルはそれほど魅力的なサービスでは無いかもしれませんが、

利用できる人にとっては交換する航空券次第では驚異的な価値になります。

端的に言うと、高い航空券ほどお得感がでてきます。

 

ライフカードはANAマイルへの交換ができますので、主にANAが就航している便に限られますが、

高値の花のビジネスクラスも、マイルで交換すれば決して手の届かないものではありません。

  • 1.5~2.0円/マイル(国内線)
  • 2.0~10.0円/マイル(国際線エコノミー~ファーストクラス)

試しに、ANAで2016年6月中旬(6/13~6/17)の成田~ニューヨークの往復便を調べたところ

なんとビジネスクラスで大人2名は総額1,913千円でした。たまげました、1人あたり約100万円ですよ。

こんなん自腹で乗る会社員がどこにいるんでしょう。

そんな超高級航空券がマイルであれば180,000マイル~で交換できるので、1マイルの価値は10円を超えています。

どうせクレジットカードのポイントはおまけでもらったようなものですので、

ぱーっと海外旅行に奮発する使い方もありだと思います。

 

マイルへの交換はひと手間かけるとぐっと交換レートをお得にできます。

それは、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の力を借りる必要があります。

またクレジットカードかよと思われたでしょうが、またクレジットカードなんです。

普通にライフカードのサイトにログインして、LIFEサンクスポイントをANAマイルに交換しようとすると、

300ポイント⇒900マイルに交換できます。

LIFEサンクスポイントの金銭価値を6円、マイルの金銭価値を2円とすると、1,800円⇒1,800円ですので悪い交換レートでは無いです。

 

それが、ソラチカカードを経由した交換方法では

LIFEサンクスポイント(300ポイント)⇒Gポイント(1,500ポイント)⇒メトロポイント(1,500ポイント)⇒マイル(1,350マイル)と化けるのです。

金銭価値では、1,800円⇒2,700円となっています。

同じ300ポイントのLIFEサンクスポイントが900マイルから1.5倍の1,350マイルになるという現代の錬金術。

マイルを貯める方は、これを逃す手は無いです。

ただし、ソラチカカードにはネックもあります。

  • 年会費:税別2,000円(初年度無料)が発生
  • マイルへの月間交換上限が18,000マイルまで(成田~ニューヨークのビジネスクラスには交換に10カ月っかってしまいます。)

年会費の件は、入会・継続の度に1,000マイルもらえるので、それでトントンと考えることはできます。

旅行好きでマイルで豪華な航空券を狙うのであれば、Vプリカへの交換よりもメリットは大きくなります。

 

まとめ

LIFEサンクスポイントの交換先としては、下記のとおりです。

旅行好きで飛行機に乗ることがある⇒ソラチカカードを取得した上で、マイルへの交換

特に飛行機に乗る予定は無い⇒Vプリカへの交換

 

Vプリカへの交換は大きな金額になればなるほど交換レートがよくなるので、

ポイントの有効期限(最大5年)ギリギリまで貯めることをおすすめします。

30前半で年収800万円くらいの会社員です。妻と二人暮らしですが、会社の先行きに怯えながら、すこしでも金融資産を増やそうと四苦八苦しています。夢は南の島でのんびり過ごすことです。

お勧めの記事

 - クレジットカード