会社員の節約投資生活

インデックスファンド中心に投資信託を積み立てて1億円目指してます

【ソラチカカード】ANAマイルの脅威の貯め方

   

ソラチカカードは愛称で、本当はANA To Me CARD PASMO JCBという名前のクレジットカードです。

ソラ=ANAマイル、チカ=メトロポイントということで、ANAとメトロが提携したもので、本当はメトロを利用する東京近郊に住んでいる人がメインターゲットとしています。

何故かわかりませんが、MASTERもVISAも無くJCBのみという珍しいカードです。

このカードを上手く利用することで劇的にANAマイルが貯まるようになります。

 

ソラチカカードの概要

ざっとですが、ソラチカカードは下記の特徴を持ったクレジットカードです。

  • PASMO機能・・・その名の通りPASMOとして利用できます
  • PSAMOオートチャージ・・・PASMOのチャージが一定額を下回ったら自動でチャージできる設定が可能
  • 定期券搭載可能・・・東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道で販売している定期券を搭載可能。
  • 海外旅行傷害保険・・・傷害死亡保険1,000万円(最大)
  • 国内航空傷害保険・・・傷害死亡保険1,000万円(最大)
  • 年会費・・・初年度無料、2年目以降2,000円(税別)
  • 毎年1,000マイルが付与される・・・発行・更新のたびにマイルがもらえます
  • メトロ乗車ポイント・・・乗車1回ごとに5ポイント(平日)または15ポイント(土休日)のメトロポイントが貯まる
  • 電子マネーポイント・・・メトロポイントPlus加盟店でPASMO電子マネーで買い物すると1ポイント(店舗)または2ポイント(自販機)のメトロポイントが貯まる

まず、年会費が2年目からは毎年2,000円(税別)発生します。世の中には年会費無料のクレジットカードがあふれていますので、このカードを相当有効活用できる自信が無い限り申し込むべきではないです。PASMOのオートチャージ機能は便利そうですが、2,000円払ってまではいらないなと思います。

持っているだけで旅行保険を利用できるところは便利に見えますが、保険の中身に問題ありです。海外旅行については、傷害・疾病治療費用賠償責任旅行品損害の3項目については保険がありません。つまり、海外の旅行先で病気やケガをして病院で治療を受けたら、保険がないので全額自己負担となります。

このソラチカカードに付いている保険は、ケガで後遺症が残った場合か死んだ場合にしか効かないので、治療費や賠償責任に備えようと思ったら別で保険の申し込みが必要になるということに注意してください。
つまり、このカードは保険カードとしては無能といっていいです。仮にも交通機関が発行するカードなんで、保険サービスはもっと強化してもらいたいです。

ここまでだと平凡なクレジットカードで、わざわざ申し込むメリットが0のようなカードですが、ANAマイルを貯める人にだけは、とんでもなく魅力のあるカードになります。魅力というか、持ってないとお話にならないレベルで必須アイテムです。

 

ソラチカカードを使ったANAマイルの貯め方

ソラチカカード特有のポイントシステムなのが、メトロポイント⇒ANAマイルが10:9という驚異的なレートで交換できる点です。

1,000メトロポイントが900マイルに交換できるということです。他にもメトロポイント⇒ANAマイルに交換できるカードはありますが、10:9という交換レートを持つのはソラチカカードだけです。

このポイントシステムを利用することで、わらしべ長者のような錬金術が可能になります。

例としてライフカードのサンクスポイントで計算してみます。

 

【通常ルート】サンクスポイント⇒ANAマイル

  • 3,000サンクスポイントを、ライフカードにANAマイルへの交換を申し込むと、1:3のレートなので9,000マイルにしかなりません。

 

【ソラチカカードルート】サンクスポイント⇒Gポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル

  • ライフカードの3,000サンクスポイントを、ライフカードにGポイントへの交換を申し込むと、1:5のレートなので15,000Gポイントになります。
  • 15,000GポイントをGポイントサイトでメトロポイントへの交換を申し込むと、1:1のレートなので15,000メトロポイントになります。
  • 15,000メトロポイントをソラチカカードにANAマイルへの交換を申し込むと、10:9のレートなので13,500マイルになります。

どうでしょう。同じ3,000サンクスポイントが交換ルートに一手間加えると、9,000マイルから13,500マイルへと1.5倍に化けました。1.5倍のスピードでマイルが貯まっていく、これがソラチカカードを使ったANAマイルの貯め方です。

問題は、メトロポイント⇒ANAマイルへの交換は月間上限が設定されており、毎月18,000マイル(20,000メトロポイント)までしか交換できません。ですので年間でも最大216,000マイルまでがソラチカカードを経由させたマイルの貯め方の上限となります。

とはいえ、よほどのヘビーユーザーでも無い限り毎月18,000マイルなんて到達しないでしょうから、あまり気にしなくていい気もします。

交換手続きの面倒くささに目をつぶれば現時点でのANAマイルの貯め方としては、もっとも効率の良い方法ですので、まずはソラチカカードを発行してANAマイルへの交換をやってみましょう。

 

 

30前半で年収800万円くらいの会社員です。妻と二人暮らしですが、会社の先行きに怯えながら、すこしでも金融資産を増やそうと四苦八苦しています。夢は南の島でのんびり過ごすことです。

お勧めの記事

 - クレジットカード